Monthly Archives

4月 2016

ワッペンを使った小物がリリース!

2016/04/19

本日はワッペンを使ったアイテムをご紹介🌟

近日発売予定です!

gogilrs_wht gogirls_blk

見るだけで元気をもらえそうな”GO GIRLS”のロゴがキュートなコチラ。

トレンドのホワイトボディと、何にでも合わせやすいブラックでご用意致しました👭

bear

bear_up

こちらは、”IRONY”のロゴが入ったハートを抱えたクマちゃん💘

こちらはネイビー地でストリートカジュアルスタイルにピッタリです。

gogilrs_side gogils_back

スナップバックになっていてサイズ調整もバッチリ◎!

 

お次はA4サイズもすっぽり。

ちょっとしたお出かけやレジャー、旅行にも連れて行けるビッグトートです。

sagara

高級なサガラワッペンをフロントにオン!

ちっちゃくスケートボードのワッペンも。

プレゼントにもお勧めです💘

被災された皆さまへ

2016/04/18

熊本県で発生した地震の被害により亡くなられた方に

謹んでお悔やみを申し上げますとともに、

被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

有限会社アイロニー

齋藤のアイス的欲望

2016/04/14

おひさしブリーフの小話です!

春の長雨、嫌になっちゃいますね😭もう!

あと、春はやたら電車が遅れる…。

仕方ないとは思いつつ、毎朝やきもきさせられています…。

 

唐突ですが、私は甘いものがあまり得意でなく。

甘いものというか、生クリームが大の苦手です。

小さい頃は周りが気を使ってケーキやらパフェやら頼んでくれるのを

涙ながらに食べていました。申し訳ない。

 

そんな私でも大好きなのが、チョコミントアイス…🍦

IMG_1665

こんな表を拾って来ました😂

チョコミン党のはずなのに知らなかったのもたくさんありました。

ハーゲンダッツだけ”様”が付いているんですが、納得です。

最初はあのうっすーい色に不信感を覚えましたが、食べて驚愕。

「うまい、うますぎる…😨💦」青汁のCMの反対みたいになりました。

あと17アイスも美味しいですね。

31は言わずもがな。

色がかわいいところも最高。

 

近所のセブンには赤城のものしか置いていないので

そればっかりリピート食べしています😭

他のメーカーのも食べたい😭

 

今年の目標は、漫画を20,000冊買うことと、

チョコミントを突き詰めることです。

 

 

 

 

 

 

【新商品】綿リネンボックスプリーツスカート

2016/04/13

サマーホリデーの新商品が到着です🐰

綿麻のシャリっとした生地がかわいい、ボックスプリーツスカート

101074808

目を引くレッドはコーディネートの差し色に。

春夏にとても人気のカラーです。

101074808_o1

シャリっとした麻の質感が一番わかりやすく爽やかなベージュ。

シャツやブラウスと合わせて、上品な着こなしもオススメです。

101074808_o2

万能選手ブラック。

麻混のおかげで暗くなりすぎず、夏でも快適に着用できます。

 

IMG_1899

丈感は160cmの私で膝より少し下に来る感じです。

個人的にとっても重要ポイント💡ポケットが両サイドに。

 

ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

 

オフィスカジュアルにも使えるアイテム

2016/04/12

ただいまAWの企画真っ最中です💦

頑張らねば!…ですが、まだ春もちゃんと来ていないのに

頭がこんがらがりますね😂

 

新生活も始まり、オフィスカジュアルにも対応できるアイテムに

人気が集まっています。

 

9801634B_34_D_500

ストライプシャツ

スキッパーになった襟元は女性のデコルテをとても綺麗に上品に見せてくれ、爽やかなブルーのストライプが清潔感もアップさせてくれます。

9801499B_18_D_500

レイヤードトップ

 

別々に使えるレイヤードトップは、裾から覗くフリルがポイント。

トップだけで使えばカジュアルスタイルに。

インナーはTシャツやサマーニットとレイヤードしても◎

10211957B_14_D_500

タックテーパードパンツ

シルエットの綺麗さが売りのテーパードパンツ。

オンオフどちらでも使えるので、色違いでのご購入も目立つアイテムです。

適度なストレッチとウエストゴムで快適な着心地。

お子様との行動にもぴったりです。

 

IRONYにはカジュアル心を忘れず、きちん感が出せるアイテムが勢ぞろいです。

ぜひチェックしてみてくださいね!

 

IRONYワッペンシリーズ!

2016/04/11

桜フィーバーもそろそろ終了し、春らしい気候が多くなってきましたね。

IRONYではデッドストックになっていたワッペンを使った

アイテムを企画中です🐻

12968002_1122746711126502_3753611833064596695_o

例えばこんなのとか…

12998769_1124696420931531_1544133814554580689_n

夏にぴったりのキャップ!🐻

クマちゃんが持っているハートには”IRONY”のロゴが。

 

他にもサガラワッペンを使ったトートバッグも登場予定です!

楽しみにしててくださいね。

 

さてさて、わたくしごとですが先日友人の結婚式に出席してきました。

S__2408480

初の訪問着、初のおたいこ結び。

我ながら…大人!と思いました。笑

IMG_1808

金髪白無垢の友人😂

3人でいつも遊んでいるのでとても感慨深かったです。

 

 

 

 

春の嵐

2016/04/08

全然オシャレな話題を提供できていなくてすみません😨

サンタ・マリア・ノヴェッラのポプリ好きです。

玄関やトイレに置いておくと、うっとり…。

PP08

やっぱり香りが違いますね…高いだけあって。

いつか…いつか本店に行ってみたいです。

パッケージもクラシカルで格好良いです。

 

で、本題です😂
最近イヤミスにはまっていて、読み漁っています。

イヤー…な気持になるミステリー。

湊かなえ、真梨幸子、この人はイヤミスとは違うかもしれないけれど、

小野不由美。

この辺りをものすごく読んでいます。

普通にミステリー、ということでは貴志祐介、綾辻行人。

 

こんなに人の感情ってドロドロ渦巻いてんのかいな…って引きます。

でも、あまりに現実離れしていたら読んでいても面白くないわけで。

きっと自分にもどこかそういう部分があるんだろうな、と。

 

『告白』は映画化もされた有名な作品で、

客観的に見ると「そんなわけあるかい…」って思いそうだけど、

いやいやどうしてぐいぐい引き込まれていく展開。

子殺し・親殺しを考えさせられる作品でもあります。

他の作品も友人関係、男女関係、介護問題、金銭問題、近所付き合い…色々考えさせられるものがたくさんありました。

 

元々江戸川乱歩、横溝正史、松本清張…もちろん大好きです。

トリック云々はそんなに私よくわからないので(伏線もすぐ忘れるし😂)、普通に読み物としておもしろいかどうかが第一優先です。

皆様もおすすめがあったら教えてください!

 

ちなみに、今読んでいるのは『インタビュー・イン・セル』です。

 

 

 

今欲しいトップスをピックアップ!

2016/04/08

今欲しいトップスをピックアップ!

IMG_1715

MORIMI Tシャツ

潔いロゴTシャツ。

USAコットンシリーズは生地のシャリ感が最大のポイント!

MORIMIによる今のmoodにぴったりなロゴが◎

IMG_1718

バンダナTシャツ

トレンドのバンダナ柄をポケットにオン。

主張しすぎず今年らしさを楽しめます。

IMG_1720

一番人気のバンダナTシャツ

特に大人の女性に人気のアイテムです。

さりげないフリンジがコーディネートをランクアップ。

IMG_1716

リブハイネックトップ

ボディラインを綺麗に見せてくれるリブトップ。

タイトですが柔らかく伸縮性があるので着心地も快適。

ワイドパンツやワンピースのインナーにも。

IMG_1717

トリムティー”JP”

スポーティーなトリムTシャツはコーディネートのポイントになるアイテム。

スキニーやミモレスカートと合わせるとかわいいですよ❤️

 

バンクシーとデュシャン

2016/04/07

Banksy

彼を見ていると、私は必然としてマルセル・デュシャンを思い出します。

あくまでも個人的な見解ですが。

彼の持ち味は、描いた絵やグラフィティ、立体そのものではなくて、

「そもそもさ、芸術ってなんなのさ?」っていう問いかけにあると思います。

芸術に対する姿勢、考え方が彼を彼たらしめているんであって、

知らない間に描かれていた壁画が問題じゃない、っていうところ。

 

もちろん匿名性やイリーガル性、ストリート性、そういう刺激的なポイントも注目すべきだけれど、

脈々と続く芸術の歴史・派閥に改めて

「で、それで?」って言っているというか。

私たちは何をもって「これは紛れもない芸術だ」と思うかっていうことです。

 

 

まったく一つも前情報がなく何かを見せられた時、

「美しい」「好きだ」もしくは「気味悪い」「冷や汗が出る」…

なんでもいいので大げさな感情が動くときはそれを芸術だと認識しているのでしょうか。

 

マルセル・デュシャンの有名な【泉】。

サイン入りの男性用便器。作者名無し。

その芸術展はデュシャン自身も審査員として参加していましたが、

名を伏せて出品したものの展示をされなかったという曰く付きの作品です。

いわゆる元々存在していたものに芸術的価値を見出す”レディメイド”作品です。

 

これを踏まえると、”デュシャン以降”という風に考えられると思います。

芸術というのは「美しい!」だけなんだろうか、ということ。

“網膜が喜ぶこと”だけが芸術ではなくて、

“何なんだ、一体!”と思うような、芸術的経験が重要視される時代になってきたんじゃないかっていうことです。

 

でも私は、あまり奇抜だったり違法だったりばかりに頼るのは

あんまりイケてることとは思いません。

でも、イリーガルが面白かったのに、合法になったり、アーティストとして堂々と描いてる方とかを見ると

「なんだかなぁ」と思ったりもするんですが。。

見ている方は本当に勝手ですね😂