エルボリステリア=ハーブ薬局

2016/01/29

一番過ごしやすい春と秋が短いのってなぜなんですかね。本当に刹那ですよね。

それは置いといて始まりました、斎藤小話の時間。

今日はエルボリステリアのお話。

いわゆる”ハーブ薬局”のことですが、その名の通りメディカルハーブのアイテムです。

実際私が飲んでいるものをご紹介します。

4571469491709_LL

ヴァン・ルージュ

赤ぶどうの葉っぱのハーブティー。排出作用がとっても強く、とくにふくらはぎのむくみに効果的です。(最近は医薬品でアンチスタックスというものが出ましたね)

立ち仕事の方やとにかく冷えがひどい方、慢性的な肌荒れを起こしている方にもおすすめのデトックスティーです。

これも私お腹に湿疹が出ました。どれだけ内臓が汚れているんだっていう。お酒の飲み過ぎです。

味も美味しいので無理なく続けられます。はちみつを入れても。

 

4571469486323_LL

オイルカプセル 月見草

こちらはオイルカプセル。サプリメントのように摂ります。

色々な効果が期待できますが、私が一番期待しているのは女性ホルモンバランスの安定。

yリノレン酸という必須脂肪酸を増やしてくれるので、PMSがひどい方や更年期障害にもお勧めだそうです。

アトピーの改善にも効果があると言われています。

“アンチエイジングオイル”とも。

4571469486262_LL

タンチュメール バレリアン

タンチュメール=ハーブ浸出液。水やお湯で割って飲みます。

バレリアンは興奮している状態を抑制してくれるハーブと言われています。

ストレスの多い現代。眠れなかったりイライラしてしまうこともあると思います。

そういった精神不安を改善してくれるので、お守り的に持っています。

軽い酩酊状態になる方もいるので、車の運転などをするときは控えた方がいいそうです。

私はたまに寝る前に飲んでいます。甘いので美味しいです。

 

ハーブは日本ではまだまだ趣味の域を超えていないと思いますが、

このように医薬品と匹敵するような効果をもたらすものもあります。

妊婦さんなどはむやみに摂るのも危険なのでお医者様と相談するのがいいと思います。

気になるアイテムがあったらぜひ、試してみてくださいね。